トップ画像イメージ

今回の記事のポイント

こんにちは。 筆者のimanauです。

今回の記事でちょうど50記事目となります。

2019年の末ということで、アラサー未経験の状態からIT業界に転職して、実際どうだったのか。仕事は通用したのか、待遇面はどうだったのか、今後のキャリアはどうしていくつもりなのか。その辺のことをまとめていきたいと思います。

公務員から転職して待遇はどうなったの?年収は?

筆者は、現在RubyonRailsを利用して、民間や自治体様向けの業務システムを作成する企業にプログラマー(職種的にはエンジニアになるけど、実際業務は開発がメインです)として働いています。

転職に際しては、

  • Rubyを使いたいと思っていたので、Rubyを使った開発ができる会社
  • 自治体勤務の経験を全くの無駄とするのは勿体無いので、自治体向けにもシステム開発を行なっている会社(その方が待遇も良くして貰いやすいし)
  • 妻がいたので、年収は公務員の時と同程度を提示(すごく生意気ですが、そのくらい出来ないと妻を道連れに転職してはいけないと思っていましたので😢)
  • 勤務地は九州内と決めていた(筆者が元から九州住まいの公務員であり、家庭のことを考えて)

という点に重きを置いて、転職活動をしておりました。

その当時の筆者のスペックとしては、次のとおりです。

  • 文系出身で、プログラマーの教育を受けた経験なし・独学でプログラム(RubyとRuby on Rails)を勉強していた(CRUD処理を書いて、Herokuにデプロイする程度のレベルでした)
  • 自治体のIT担当部門にいたので、コンピューターやネットワークの知識は少しあった
  • 趣味で勉強を始めたのがきっかけで、以下の資格を取得していた
    • ITパスポート
    • 応用情報技術者
    • VBAエキスパート(ベーシックだったかな?)
  • Ruby/Railsは少しだけ触っていたが、jsは殆ど触ったことがなかった

この状況から無事現在の会社に拾っていただいた筆者でしたが、仕事に関して言えば、こちらの記事(サイト内別記事リンク)に書かせていただているように、意外とちゃんとやれました。

評価というのは、相対的なものではありますが、評判は良くやれていたと思います。プライベートでも進んで勉強する人が珍しいみたいな風潮でした。(後述しますが、Ruby Goldの資格とかも入社してすぐ取得したりも良かったのかと思います。)

ちなみに年収は無理言って公務員時代と同じくらいもらっています。

仕事を任せてもらうためにやったこと、やってきて良かったこと

筆者は未経験からの転職組の至上命題は「誰よりも成長して、信頼を勝ち取ること」だと思っているので、兎に角仕事を任せてもらうように次のようなことを意識してやっていました。
  • 「来週まで」と言われた課題は、「今週までに」終わらせる
  • 自分で出来ることを考えながら、「ここはこういう風な要望があるから、こういう風に実装したら良いですかね?」という風に次にできることを積極的に確認
  • 勉強していることがしれっと伝わるようにする(Ruby Gold取得とか)
    • これは結構有用でした。やる気が伝わると、仕事を任せようとしてくれるので、ゴリゴリのメイン画面開発とかさせてもらっていました。

特に出されたタスクへの対応は「素早くこなす」というのは大事だと思います。 やる気の現れにもなりますし、実装方法が間違っていた時・効率が悪いやり方をしているときにリカバリーが早くできるようになります。

ぶっちゃけ、筆者は素早くこなすために、休日にしれっと仕事をしていることもありました。

筆者はただ働きは嫌いですが、最初に信頼を勝ち取るために必要なことだと割り切って、休日に仕事していました。賛否あるかと思いますが、必要なことだったと思っています。

この1年で経験できたもの

  • RubyonRailsを利用した開発
    • ActiveRecordの利用
    • 素のSQLを書くことも
  • jsを利用したフロント側の実装
    • ES2015(ES6)の記法を使った実装
    • クラス的な書き方の基礎
  • jqueryを利用した開発
    • 動的な画面の更新
    • Railsのパーシャルと連携した動的な画面の更新

ゴリゴリメイン機能・メイン画面を作成させていただきました。

逆にもっと情報セキュリティを意識した実装、テストを意識した実装をしないといけないと強く感じます

プライベートでやって良かったこと、もっと早くやるべきだったこと

  • このブログ書いていて良かったです。
    • 自分であとで見返すことができるし、自分がどういうことをやってきたのか、分かる
    • このブログを見て、「勉強する気があるんだなぁ」と思われることもあるので、一石二鳥
  • udemyの講座をもっと利用するべきだったと思います
    • jsのes2015の書き方講座みたいなのをみて、業務効率がかなり上がった
    • pythonの勉強なども、充実しているので、もっと積極的に活用したいと思います

ご報告・来年の目標

未経験から1年で転職させていただいて、今の会社には大変申し訳ないのですが、筆者は転職させていただく事になりました。

家庭の事情や、これからの働き方のことですごく悩んだのですが、在宅で勤務をすることを「当たり前」としようとしていて、現にそのようにされている企業様にお世話になる事にいたしました。

どうしても今のキャリアでは、自身が目指してみたい「田舎でも都会でも、同じ条件で働ける働き方」というものが難しいという現状がありますし、家族のためにもそれをより強く求めていく必要があります。

自分の今後のキャリアプラン・働き方、どのように成長していきたいか真剣に考えた結果ではありますが、転職先では、vue.jsなどの新しい技術の採用も積極的にされており、新しい技術に触る機会が今よりも多くなると思います。

社内向けのシステムや、閉じられたネットワーク内でのみ利用するシステムとはまた違った難しさや、苦労があること必至です。

しかし、今残業や通勤で利用している時間を、自分の勉強や家族のために使って、頑張らせてもらおうと思います!!⭐️

このブログも記事を増やして、「数年前に書いた記事の内容、コーディング酷すぎてワロタww」を増やせるように、適当にやっていきたいと思います。